> > > > 男の嫉妬

ブログ記事詳細

佑弦(ゆづる)先生

男の嫉妬

2019/05/16 00:17

先日、佑弦(ゆづる)が、
スーパーを歩いていたら、
手を振りながら、笑顔で、
走って来る方が、いました。

昔、一緒に働いていた、
対面占い鑑定所の、
上の(経歴が長い)先生でした。

上の先生(上)「先生ぇ〜、久しぶりぃ〜。
元気にしてた〜。」

佑弦(佑)「あ〜。○○先生〜。」

ずいぶん、久しぶりに会った嬉しさから、
よく、女子同士がするような、
〇手に手を取り合って、
〇両手をお互いに上下させ、
〇揺れるように、飛び跳ねながら、

しばらく、お互いが、
(上と佑)「あぁ〜〜、久しぶりぃ〜〜。」
と、喜び合っていました。

上の先生の後ろには、
強面の50代位の人と、
今時の20代位の人の、
男性が、二人いました。

その二人は、佑弦(ゆづる)の事を、
怪訝(けげん)そうに、見ていました。

(佑)(きっと、誰?この、オネエの人は!
と思っているのだろうなあ・・・)
と思っていたら、先生が言いました。

(上)「今日は、旦那ちゃんと、息子と、
三人で買い物に来ていたのよ。」
と言われたので、

旦那さんと息子さんに、
(佑)「こんにちは〜。」
と頭を下げたら、

〇なんと!睨まれ(にらまれ)ました。

(佑)(そんなに、佑弦の事が怪しい?)
と思いました。

その時です。

占いをしていない時の、
日常生活では、入らない、

〇占い師のスイッチが、入りました。

きっと、上の先生と久々に会って、
占い鑑定所に勤めていた頃を、
思い出したからでしょう。

(佑)(あっ、この旦那さん、
眉間のしわと、目の動きと、
口の閉じ方と、オーラが、
嫉妬の相をしている。)

(佑)(でも、どうして、
再会を喜んでいるだけなのに、
嫉妬するんだろう?
ましてや、貴方の奥さんである先生と、
佑弦は、一緒に、
占い所で働いていた、だけなのに。
それに、先生は、佑弦みたいな男は、
好きなタイプでない事は、
強面の、貴方自身を見れば、
分かるでしょう。。。)

でも、嫉妬の相が、怖く感じて、
とりあえずは、この場を去ろうと思い、

(佑)「急いでいるので、
ゆっくり話したいけれど、行かないと。」
と言うと、先生が、

(上)「先生。なら、今度、
一緒に、ランチをしましょう。
ゆっくり、話をしましょう。
ライン送るからね。」
と言われました。

(佑)(この状況で、ランチのお誘い?
先生は、後ろの、旦那さんが、
嫉妬されているのに、
気付かないのかな?
確か、先生は、タロットと占星術で、
人相やオーラは、されてないし、
気付かないか。。。)

旦那さんの表情が、増々険しくなって、
頬の動きまで、嫉妬の相になっています。
嫉妬のオーラだけでなく、
湯気まで、見える気がしました。(笑)

(佑)(これは、ヤバイ!嫉妬心丸出し!
早く、立ち去らないと!)
と思い、

(佑)「では、失礼します。」
と、先生に、頭を下げて、
そそくさと、立ち去りました。

すると、先生は、
(上)「先生〜。またね〜。
連絡するから〜。」
と、大きな声で、叫んでおられます。

そうなると、
旦那さんの姿を見るのも怖くて、
振り返らずに、足早に、立ち去りました。

その後、思い出したのですが、
旦那さんは、

〇シングルマザーの先生と、
〇たまたま、居酒屋で近くに座った時に、
〇旦那さんから、声をかけて、
〇結婚するために、旦那さんは、転勤して、
〇先生と子供たちの為に、家を建てて、
〇今は、単身赴任をしている
と、先生から聞いた事があります。

〇よほど、先生の事が、好きなんでしょう。

なのに、普段は、冷静な先生が、
佑弦と会った時には、
〇普段は、しない、
〇飛び跳ねて、大はしゃぎをして、
〇再会を喜び、
〇その相手が、(一応)男性だったら、
旦那さんは、それは、嫉妬するでしょうね。

世間では、
〇女の嫉妬は、怖い
と言いますが、
〇男の嫉妬の方が、もっと怖い
と思いました。

〇あの殺気だった目つき・・・

今度、先生と一緒に、
ランチに行くのは、止めておきます。

後で、怒鳴り込まれそうで。。。

佑弦(ゆづる)先生

佑弦(ゆづる)先生

性別 男性
鑑定歴 6-10年
鑑定の雰囲気 前向きになれる
得意な占術 霊視/第三の目/波動読み/遠隔交信/波動修正/願望成就/好転術/浄化
得意な鑑定内容 複雑愛/時期/未来予知/対策とアプローチ/同性愛/状況好転/仕事/適職/人間関係/メンタル/開運/人生