> Cookie及び広告識別番号に関するガイドライン

Cookie及び広告識別番号に関するガイドライン

当社は、本サービスにおいて、ログイン認証の簡易化、利用者のステータスなどの情報保持、広告効果の測定、利用者情報の分析、利用者への最適な広告配信を目的に、Cookie情報、広告識別番号、通信端末の利用履歴を利用します。また、広告配信においては、閲覧する利用者の嗜好に適した広告情報を掲載させていただくことを目的に行動ターゲティング広告を配信いたします。以下をご確認いただき、オプトアウト(Cookie配布や広告識別番号(IDFA/Advertising ID広告ID)の拒否)を希望される場合には、「4.オプトアウトの方法(行動ターゲティング広告の拒否について)」に従い、手続きを行ってください。当該手続きなく、本サービスをご利用される場合には、本ガイドラインの内容を承諾したものとみなします。

なお、本ガイドラインは、本利用規約の一部を構成し、「利用規約」と共に重畳的に適用されます。本ガイドラインに定める条件と本利用規約等に定める条件とが抵触する場合、本ガイドラインの定めが優先して適用されるものとします。なお、本ガイドラインで利用する用語の定義については、「利用規約」で定める用語の定義に従うものとします。

行動ターゲティング広告とは

行動ターゲティング広告とは、検索キーワード入力やウェブサイトの訪問、オンラインでの購買などの利用者のオンライン行動を分析し、当該利用者にとって価値の高い情報・広告を推測し、利用者の嗜好や属性に合わせて掲出する広告です。

本サイト上での行動ターゲティングの範囲

(1)当社は、行動ターゲティング広告等の実施にあたり、当社採用の広告配信システムを用いて、Cookie及び広告識別番号等及びウェブビーコン等の技術を利用しております。そのため利用者が本サイト及び本サイトを経由して広告主の運営するウェブサイトを閲覧した際に、Cookieの配布及び広告識別番号等の通知をすることがあります。当社は、当該Cookieの受領及び広告識別番号等の通知をした利用者に対し、これらの通知時に閲覧していた情報等をもとに、当該利用者にとって有益であると当社が判断した情報・広告等の配信を行います。なお、当該情報・広告等の配信は、本サイト内での閲覧時に限られます。

(2)行動ターゲティング広告等の導入にあたり、利用者の興味や嗜好に適応した価値の高い情報及び広告情報を提供することが可能となります。

(3)当社が広告主に対して開示している情報の範囲は、利用者が当該広告主の広告等を閲覧した回数やクリック数等の統計情報の範囲とし、個人を特定するような個人情報及び特定の個人の行動履歴等は開示しておりません。

(4)当社が利用者のCookie情報について保有している期間は、最長で2年間となります。

Cookieの配布及び広告識別番号と個人情報

行動ターゲティング広告を実施するために配布されるCookie及び通知された広告識別番号につきましては、それら単独では特定の個人を識別することはできないものの、他の情報と組み合わせることにより容易に特定することができるため、個人情報と同様に法令やガイドラインに従い適切に取り扱います。

(※)個人情報とは、生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、利用者ID、パスワード、クレジットカードなどの情報、及び個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報等(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。

オプトアウトの方法(行動ターゲティング広告の拒否について)

利用者が希望する場合は、以下の方法でオプトアウト手続きを行ってください。

※下記リンクは提携会社都合により予告なく変更される場合がございます。

【広告ターゲット配信の無効化について】

グーグル合同会社:Google広告
ヤフー株式会社:Yahoo広告

iOSの場合

  1. 「設定」->「プライバシー」->「広告」の順に選択します。
  2. 「追跡型広告を制限」をオンにします。

Androidの場合(Version2.3.3以降)

  1. 「Google設定」アプリを起動します。
  2. 「広告」の項目をタップします。
  3. 「インタレストベース広告オプトアウト」をチェックします。

Webブラウザの場合

  1. 「Google広告の管理」より、各インタレストベースの広告を「オフ」に切り替えます

※ DoubleClick Cookie を完全にオプトアウトする場合は、広告Cookieオプトアウトプラグインをダウンロードしてください。

利用者情報の分析について

当社は、利用者情報の分析において、Googleアナリティクスを利用しており、Cookie等について、Googleアナリティクス機能を通じて、次の内容や目的で利用する場合があります。

(1)当社が利用するGoogle アナリティクス機能の内容は、リマーケティング、Google Display Networkに関するインプレッション等のレポート、利用者の分布レポート、インタレストカテゴリに関するレポート等です。

(2)当社は、Google アナリティクス機能のリマーケティングを利用して、広告主と第三者配信事業者(Googleを含みます)より取得するファーストパーティーCookieとサードパーティーCookieを組み合わせるなどの方法により、過去に利用者が広告の表示や広告主のサイトにアクセスしたときの行動に基づいて新たに広告を作成、最適化、配信します。

(3)当社は、広告表示や広告サービスとの接点がどのように影響しているかを分析・調査したり、インタレストベース広告(利用者の推定される興味・関心にあわせた広告)のデータや第三者の利用者のデータ(年齢、性別、興味や関心等)をマーケティングに用いて分析・調査します。ただし、これらの分析・調査は、主に本サービスや広告サービスの改善を目的として行いますが、個人を特定して行うことはありません。

※ データの収集、および処理される仕組みにつきましては、こちらをご覧ください。

【利用者情報の分析ツールの無効化について】

グーグル合同会社:Google Analytics

広告識別番号等に関するガイドラインの改訂について

(1)当社は、随時本ガイドラインを改訂することができるものとします。

(2)当社は、本ガイドラインを改訂しようとする場合、電子メールまたは本サービスサイト等を使い随時、利用者に告知するものとします。

(3)前項に基づき、本ガイドライン改訂を告知した日から当社が定める期間を経過した後も継続して本サービスの利用がなされた場合、当該利用者は本ガイドラインの改訂に同意したものとみなされ、当該利用者と当社との間で改訂後のガイドラインの効力が発生するものとします。

(4)利用者は、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知または不承諾を申し立てることはできないものとします。