> > > > 6月の開運和菓子

ブログ記事詳細

泉里(ミサト)先生

6月の開運和菓子

2021/06/14 19:33

6月は、1年の半分の上半期が終わる区切りの月です。

6月30日には、神社では、夏越の祓(なごしのはらえ)の神事が行われます。

大きな茅の輪(ちのわ)をくぐって半年間のけがれを落とし、残りの半年の無病息災を祈願します。


6月になると店頭に並ぶ「水無月(みなづき)」という和菓子は、夏を迎えるにあたっての邪気払いの和菓子で、6月30日にいただく、とされていますが、6月に何度いただいても良いですよ♪

茅の輪くぐりも、30日前から神社に用意されていますから、時間のある時にくぐりに行くと良いですね。

「水無月」は、白いういろうに甘く炊いた小豆をのせた三角形の和菓子で、三角形の白いういろうは、氷を模したものと言われています。

赤い小豆には、邪気払いや魔除けの意味があります。

これから訪れる暑い季節を元気に過ごせるように、見た目も涼しげな「水無月」をいただいて厄除け開運のエネルギーをチャージしましょう(^-^)

泉里(ミサト)先生

泉里(ミサト)先生

性別 女性
鑑定歴 6-10年
鑑定の雰囲気 的確で頼れる
得意な占術 スピリチュアルタロット/サイキックリーディング/近未来予知/波動修正/ヒーリング/風水
得意な鑑定内容 近未来/時期/現状/気持ち/対策/恋愛/復縁/複雑愛/仕事/転職/金運

泉里(ミサト)先生に相談する

初回お試し鑑定