> > > > 軽やかに風の時代に乗れる双子座の日食新月

ブログ記事詳細

泉里(ミサト)先生

軽やかに風の時代に乗れる双子座の日食新月

2021/06/10 22:34

今日6月10日、19時53分、双子座で新月を迎えました。

今回の新月は、日食を伴う新月です。

残念ながら日本では、夜起こる新月なので観測出来ません。

日食は、占星術的には、不要なものを終わらせて新しく始まるという意味があり、いつもの新月よりも、さらにリセット&スタートのパワーが強くなります。


新月は、それまでの流れがリセットされて、全てが新しく始まる日です。

新しいことを始めたり、新しいものを使い始めるのにも適しています。

新月が満月に向かってどんどん膨らんでいく成長パワーを得られ、願い事が叶いやすくなると言われています。


今回の双子座の新月のお願い事のキーワードは…

「生活習慣」

「必要な知識や情報を得る」

「社会や人との関わり」

「コミュニケーション能力」

「ルーティンワークやライフスタイル」

「自分に適した仕事」

「適応力」

「健康」


など。


双子座の支配する身体の器官や症状は…

「肺」
「手・腕・肩」
「神経系」
「呼吸器」

このあたりの改善や改善方法の発見を願ってくださいね。


お願いごとはこれ以外のことでも、もちろんOKです!

お願いごとのやり方はとても簡単です。


好きな紙に2件以上10件以内のお願いごとを書きとめるだけです。

2つ以上のほうが相乗効果や無意識力を得られて願いが叶いやすくなります。
10個を超えるとエネルギーが分散してしまい、効果薄ともいわれています。


お願いごとを書くときは下記に注意してください。

・新月になったタイミングから48時間以内にお願いごとを書きましょう。
最大パワーを得たいときは8時間以内に!

・お願いごとは2件以上、10件以内。それ以上でもそれ以下でもNGです。

・書くときは手書きで。

・他人を変える願いごとは叶わないと言われているので、あくまでも自分主体に、自分がどうなりたいか、を書きましょう。

・です。ます。の完了形で書きましょう。

・自分主体の文を書きましょう。「私は…。」

・項目一つには、1つのお願いごとを書きます。


お願いごとを書いた紙は、捨てなければ自由にして大丈夫です。


風の時代が始まり、風の星座の双子座の日食新月は、より軽やかに風の時代に乗って行ける自分に生まれ変われるタイミングです。

双子座は、好奇心旺盛でフットワークが軽いのが長所の星座です。

好奇心の向くことをとりあえずやってみるのもオススメです。

1つに絞らなくても「広く浅く」がポイントです。


この新月から約1週間は、日常生活を見直して、健康をテーマに新たな生活習慣を始めるのに適しています。

よりヘルシー、より身体に優しい習慣を取り入れてみましょう。


この新月が、皆さまの夢や願いに繋がるきっかけとなりますように、と願っています(^^)/

泉里(ミサト)先生

泉里(ミサト)先生

性別 女性
鑑定歴 6-10年
鑑定の雰囲気 的確で頼れる
得意な占術 スピリチュアルタロット/サイキックリーディング/近未来予知/波動修正/ヒーリング/風水
得意な鑑定内容 近未来/時期/現状/気持ち/対策/恋愛/復縁/複雑愛/仕事/転職/金運

泉里(ミサト)先生に相談する

初回お試し鑑定