メニュー
電話占いカリス・鑑定師インタビュー

ご相談者様と「共に」という気持ちを忘れずに鑑定しています。

カリスきっての実力派の先生をもっと詳しく知っていただく為の「今、注目の鑑定師インタビュー」

今回は独自の占術と、複雑愛や人間関係でお悩みをお持ちの方のために、カリスで大人気鑑定師である
理波(リナ)先生にインタビューいたしました!

理波(リナ)先生

インタビュー:
理波(リナ)先生

あおいくま

先生は、生まれつき霊感があったのですか?

理波(リナ)先生

気付いた時には、何となく人の気持ちが読めたり、言葉が出てくる感じがあったので、これは皆が持っている力なのかなと思っていました。
母から聞いた話ですが、私が言葉を喋り始めた時期が物凄く早くて、二歳の時には普通に会話が出来ていたらしいです。
教えていない言葉をよく喋っていたので、遊びの中で年上のお兄さんやお姉さんから教わっているにしても良く言葉を知っているなと母は不思議に思っていたらしいんですが、どうやら霊感的な部分で感じた言葉を喋っていたようです。
それで小学校に入る頃には、それが友達とは違うんだという事に気付きました。

あおいくま

また、いつから人のことを視ることが出来るようになったのですか?

理波(リナ)先生

本格的に視だしたのは、OLになって、営業の仕事をしていた時ですね。
お客様のニーズにあわせて商品を紹介しなくちゃいけなかったので、会話の中で浮かんできたものを提案すると、お客様に「それそれ」って言われる事が多かったです。

あおいくま

最も得意とされる相談内容は何ですか?

理波(リナ)先生

人間関係と恋愛ですね。
仕事柄、人と接する事がとにかく多かったので、営業しながら色んな人間関係の相談を受ける事も多かったから、それが身に付いたのかな。

あおいくま

ヴィジョンリーディングについて教えて下さい!

理波(リナ)先生

一人一人見え方が違うんですよ。
言葉だけだったり、映像がパッと降りてくる人もいるので、お話してみないと何が降りてくるか解らない。
それで、どうしたら上手くいくかっていうのが最初に降りてきますね。
悪い事があったとしても、それをどう回避できるかとか、どうやったら自分の中で吸収したり噛み砕いていけるか。
特にそういう事が良く視えます。

あおいくま

鑑定する際、大切にしていることは何ですか?

理波(リナ)先生

ご相談者様の目線になって、お気持ちに寄添う事を大切にしています。
自分の立場に置き換えて、その人の気持ちになった時にどう思うのかを常に考えないと、ちゃんとアドバイスができないし、出来ない事をアドバイスしても意味が無いので。
すぐに動けば状況が良くなるって時もあるけど、その勇気が持てない時もあるから、まずは出来る事から少しずつ。
階段を上るように、次のステップに進めるようにアドバイスする事を心掛けています。

あおいくま

先生が鑑定されるときのモットーのようなものがあれば聞かせてください。

理波(リナ)先生

必ず状況が良い方向に向くようにしたいと思っています。
一緒に頑張りたいって言葉をよくご相談者様にお伝えしているんですけど、ご縁あって私のとことにお電話をくださったご相談者様と「共に」という気持ちを忘れずに鑑定しています。

あおいくまくんからのコメント

とてもかわいらしいお声の理波先生ですが、その印象とは逆に、とても頼り甲斐のある力強いお話を伺うことが出来ました!
常にご相談者様ご自身が幸せに近づける道を模索し、「共に」良くしていきたいとおっしゃった理波先生の言葉がとても印象的でした。
最初の一歩を踏み出す勇気が持てなかったり、道に迷って立ち止まってしまった時こそ、理波先生にご相談されてみてください。

あらゆる問題を的確に解決へと導く
理波(リナ)先生
理波(リナ)先生
280円 / 1分
数千件に及ぶ豊富な鑑定実績を積まれてきた実力派鑑定師。相談内容に応じて複数の占術を使い分けながら、的確なアドバイスとご祈願の御力により状況を好転させていく。特に現状を踏まえた上での対策や時期の見極めには定評がある。

詳しく見る

ページトップへ