メニュー
青島神社

【奉納のご報告】弥生某日、青島神社にて

3月14日を持ちまして電話占いカリスは9度目のアニバーサリーを迎えることができました。

こうして9周年が迎えられますのは、偏に多くのお客様方の温かいご支援、ご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。

9周年企画の第2弾として、カリスでは2020年3月16日(月)〜3月22日(日)の期間、お客様に少しでも恩返しをと、ご応募いただいた成就させたい"想い""願い"を格式ある神社へ届ける奉納キャンペーンを行いました。

今回はカリス9周年に因んで、“九”州地方を訪れました。

その中でも縁結びのパワースポットとして名高い、宮崎県の青島神社にて、皆様よりいただきました"想い"や"願い"を奉納致しましたので、その様子をご紹介させていただきます。

【青島神社とは】

宮崎県宮崎市青島の中にある神社です。宮崎駅から最寄りの青島駅までは電車で25分前後とアクセスも良く、日頃から幸せを求める多くの人々が足を運ぶ神社です。

天津日高彦火火出見命(あまつひこほほでみのみこと)、豊玉姫命(とよたまひめ)、塩筒大神(しおつちのおじ)の三神を祀っており、特に縁結びにおける御利益があることで有名です。

【奉納とご祈祷の様子】

青島神社のある青島は全島が境内地となっております。青島駅を降りたその瞬間から、目の前にはまるで海外のリゾート地に来たような景色が広がっておりました。

青島そのものが国の天然記念物に指定されている理由がわかります。

黄色いポスト

神社に続く弥生橋の手前には、いかにも幸せを呼び込んでくれそうな黄色いポストが立っておりました。

このポストは青島神社に祀られている天津日高彦火火出見命(あまつひこほほでみのみこと)豊玉姫(とよたまひめ)が恋文をやりとりしたとされることから、縁結びのシンボルとして、青島神社のフォトスポットの一つとなっているようです。

実際にお手紙を投函している方もいらっしゃいました。

鬼の洗濯板

青島の周辺は、通称「鬼の洗濯板」と言われる奇岩が広がっています。
固さの違う岩の層が幾層にも重なったところに、長い年月をかけて波による浸食が起こったことにより出現した景色だそうです。自然の偉大さを感じさせられます。

赤い鳥居

会釈をし、大きな赤い鳥居をくぐり境内に入ります。

朱塗りの社殿

少し進むとヤシ科の木に囲まれた鮮やかな朱塗りの社殿が見えてきます。

今回はこちらで2つの神事を行いました。



奉納の続きを読むにはログインが必要です。
下記リンクよりログインをお願い致します。

ログイン

ページトップへ